家が壊れることも|信頼できるプロを頼る|ハチの巣駆除は素人では危険

信頼できるプロを頼る|ハチの巣駆除は素人では危険

女性

家が壊れることも

シロアリ

被害を受けない為に

日本家屋は木造建築が多いのが特徴です。一戸建てを建てて生活するうえで、家の天敵といえば害獣の他にシロアリがあります。シロアリは木材を食い荒らす食害で有名です。ありもシロアリもどこにでもいる虫です。湿った木を好み、土の中にコロニーを形成して住んでいます。餌として好まれるのは柔らかい木材です。木造の一戸建てなどでは、どの部分でもシロアリがいてもおかしくないのですが、特に好まれるのは浴槽やトイレ・台所などの水回りの土台や柱などです。窓や玄関・下駄箱などの湿気がたまりやすい部分もシロアリの被害が多いところです。表面を残して食べ進んでいくため、シロアリ被害が起こっていてもなかなか気が付かずにいることがあります。

耐震性が失われることも

壁や床などを食い荒らす他に、一番恐ろしいのは建物を支えるための大事な土台や筋交などが被害を受けることによる耐震性の低下です。日本は地震が多いため、耐震性が低くなることは大問題です。きちんと耐震補強されている家だからと安心していても、実はシロアリによって食い荒らされ耐震性が低くなっているということもあるのです。シロアリ被害を早期に発見するためには、羽アリを見つけたり、ありの通り道を注意深く見ることです。柱や壁を叩くと空洞のような音がしたり、水回りの木材がやわらかく感じたりしたら要注意です。また、雨漏りしている家や、カビが発生している家も注意です。湿気を好むシロアリが潜んでいる可能性が高いと考え、対処しましょう。