信頼できるプロを頼る|ハチの巣駆除は素人では危険

男の人

家が壊れることも

シロアリ

大切な家の天敵ともいうべきシロアリは家や家の周りどこにでもいる虫です。被害にあわないよう、湿気がたまりやすい個所の点検をしたり、雨漏りやカビがある箇所は早いうちに週残をすることが大切です。耐震性が損なわれている可能性があります。

もっと見る

脅威は早めに解決

蜂の巣

安全を最優先に

国内には様々な種類のハチが生息し、被害のニュースがたびたび流されるのが春から秋にかけての時期です。危険な種類はスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチがあげられ、まれにクマバチといった種類も被害をもたらします。危険性の違いは集団行動か単独行動かといった部分で、危険な種類ほどハチの巣も大きくなります。今日におけるハチの巣駆除は、専用の殺虫剤または専門の業者に依頼が可能です。道具がそろっていれば自前で駆除もできますが、多くの場合は安全性を優先して専門の業者が選ばれています。家屋に作られた巣であれば近所に被害が及ぶ可能性があり、屋外の場合は通りかかった歩行者の安全を守らなければなりません。そういったケースでも完璧に対処してくれる駆除業者は頼りがいがあり、たくさんの人から支持を得ているのです。

責任は敷地の所有者に

複数のハチが頻繁に飛ぶようになったときは、周辺に作られているハチの巣を警戒します。このハチの巣は敷地の所有者が駆除すると決められているため、費用も自腹ということを理解しておくと良いでしょう。ハチの巣駆除のポイントには種類の判定があげられ、可能であれば方法を選定する時間を設けます。これは危険度の高いスズメバチの場合は自治体の補助が受けられるためで、全額負担という事態を避けることも可能です。アシナガバチやミツバチは一部の費用、または駆除用の道具を貸し出している場合もあります。ただし、自治体ごとにルールが異なりますので、事前に調べておくとすばやい判断ができます。また、申請方法は事前・事後とあるため、確認しておくと失敗がなく安心です。

退治を依頼する

はち

ハチの退治は危険が伴うため、無理だと判断した場合は業者に依頼する方法が安全と言えます。依頼した場合の料金はハチの種類や巣の大きさで変化することを理解しておく必要があります。また、業者によっても料金は変化するため、業者間で料金の比較作業を実施することによって、お得に退治可能です。

もっと見る

蜂が家に住みついた時に

ハチの巣

蜂の巣をきちんと撤去することが、蜂退治には大切です。飛び回っている蜂をやつけたからいいわけではないということを理解し、専門家に依頼をして蜂の巣ごと撤去してもらうようにしましょう。見つけにくい場所に巣がある場合もありますので、専門家の手を借りることがお勧めです。

もっと見る